画期的

レーシックと言えば、角膜を切る手術なので、それを聞いただけでゾッとする人もいます。

 

失敗したら失明するかも・・・

 

と誰でも心配しますからね。
実際に手術を受けた人でも、「やっぱり不安だった」と答える人がほとんどです。

 

そんな中、リレックス スマイルという最新の手術方法が話題ですよね。通常のレーシックなら28ミリ角膜を切ります。でもリレックススマイルはたったの3ミリ。

 

その切り口から視力矯正に必要な分の角膜を削る手術です。つまり、最小限の手術しか目に手を加えないということ。副作用が少ないのが嬉しい!

 

レイシック手術の中にも角膜をきれいにカットできる機械を使うのがイントラレーシックです。 Relexが開発される前はこれが最新でした。

 

レーシックは失敗することはまずないですが、実は術後2週間は副作用があります。

  • 夜間に光がまぶしく見えるハログレア
  • ドライアイ
  • 一時的に近視になる近視戻り

最悪の場合、再手術っていうこともあります。

 

一方リレックスはというと、副作用が全くないとは言えませんが、手術範囲が狭いからその分こうしたリスクは少ないです。 もちろん時間も短く、通常30分のところわずか10分です。

 

割高だけど

 

リレックススマイルは最新手術ですが、手術方法の特性から、

  • 誰でも受けられるわけではない
  • 費用が割高

といったことがあります。

 

リレックスは強度の乱視や近視の方は受けられません。 リレックスは手術範囲が少ない分、極度に見が悪い方には向きません。

 

費用は両目で32万円(税込)

 

普通のレイシックと比べて、決して安くないですね。

 

でも、レーシックは一生物の手術ですから安いレーシックではなく、逆にこれくらいしっかりした治療の方が安心です。

関連ページ

誤解が多い?レーシックってどんな手術?
レーシックとはレーザーを使った視力回復手術です。レーシックによりコンタクトや眼鏡から解放され、子供の頃の視力を手に入れられる喜びがあります。
手術前後の注意点
レーシック手術を安全に受けるための注意点について。レーシック手術の前に、先ず眼が手術を行える状態であるかどうかしっかり検査を行います。眼の状態によりレーシック手術を受けられないこともあります。
イントラレーシックとは?
イントラレーシックとはレーシックを超えた、より精度の高い治療を可能にした視力回復手術です。イントラレーシックにより、今まで治療が困難だった強い近視や薄い角膜の場合でも安全に手術することが可能となりました。
医療費控除できる?
レーシック手術は医療費控除の対象になることも。確定申告で医療費控除の手続きをすれば、レーシック手術費用を抑えられます。
後遺症はある?
レーシック手術の後遺症には、ハロ・グレアという眩しく見える現象やゴーストという物が2重に見える現象などがあります。
失敗したり失明しない?
レーシックで失敗しないか、目の手術ですからレーシックで失敗しないか誰でも不安に思います。しかし実際はレーシックで失敗した例はなく、実に95%以上の方が1.5以上に視力回復しています。
老眼治療モノビジョンレーシック
モノビジョンレーシックは老眼対応の手術で、片方の目は近くを、もう片方の目は遠くを見るようにするレーシック手術です。
手術に不向きな方
レーシックは受けたいと思っても受けない方が良い、不向きな方もいます。