老眼治療モノビジョンレーシック

40歳を超えてくると、突然起こるのが老眼

 

自分には関係ない、まだまだ若い!と思っていても、目の前の文字がかすんで見え、知らず知らずのうちに文字を遠ざけて見てしまいますよね。

 

レーシックでは近視・遠視だけでなく、もちろん老眼も治療できます。最近ではモノビジョンレーシックという方法があります。

 

モノビジョンレーシックとは、片方の目は近くを、もう片方の目は遠くを見るようにして両目のバランスを取るレーシック手術です。基本的には、利き目は遠くを、そうでない方は近くを見えやすいようにします。

 

ただ、ちょっと不安なのは、両目の見え方が変わること。

  • 本当にそれでピントが合うのか?
  • 視界に違和感を感じるのではないか?

と。

 

ですので、クリニックではレーシックの適用検査の時に、モノビジョンレーシックの見え方をシュミレーション体感することができます。そこで納得した場合にのみ、モノビジョンレーシックを受けることになります。

 

費用は両目で約40万円です。

 

通常のレーシック手術の倍以上の値段がしますが、一般的には老眼が始まる40代から通常のレーシック手術費用も割高になっていきますから、ある程度の手術費用は仕方のないところです。

 

モノビジョンは通常のレーシックよりも、個人的な合う合わないがありますから、医師によく相談しておきましょう。

関連ページ

誤解が多い?レーシックってどんな手術?
レーシックとはレーザーを使った視力回復手術です。レーシックによりコンタクトや眼鏡から解放され、子供の頃の視力を手に入れられる喜びがあります。
最新は リレックス スマイル
リレックス スマイルがレーシック手術の最新手法です。角膜をカットする量が1/10なので、副作用のリスクが少ないです。まだリレックスが受けられるクリニックは少ないですが、SBC新宿がおすすめです。
手術前後の注意点
レーシック手術を安全に受けるための注意点について。レーシック手術の前に、先ず眼が手術を行える状態であるかどうかしっかり検査を行います。眼の状態によりレーシック手術を受けられないこともあります。
イントラレーシックとは?
イントラレーシックとはレーシックを超えた、より精度の高い治療を可能にした視力回復手術です。イントラレーシックにより、今まで治療が困難だった強い近視や薄い角膜の場合でも安全に手術することが可能となりました。
医療費控除できる?
レーシック手術は医療費控除の対象になることも。確定申告で医療費控除の手続きをすれば、レーシック手術費用を抑えられます。
後遺症はある?
レーシック手術の後遺症には、ハロ・グレアという眩しく見える現象やゴーストという物が2重に見える現象などがあります。
失敗したり失明しない?
レーシックで失敗しないか、目の手術ですからレーシックで失敗しないか誰でも不安に思います。しかし実際はレーシックで失敗した例はなく、実に95%以上の方が1.5以上に視力回復しています。
手術に不向きな方
レーシックは受けたいと思っても受けない方が良い、不向きな方もいます。