誤解が多い?レーシックってどんな手術?

レーシックとはレーザーを使った視力回復手術のことです。メガネやコンタクトが不要となるので、一流スポーツ選手や芸能人にも近年人気の手術です。

 

一般的にはゴルフのタイガーウッズ選手がレーシックを受けた頃から認知度が飛躍した感があります。

 

日本だけでも年間数万人の人が受け、かなり一般的にな手術になってきました。

 

レーシック 人気の5つの理由
  • 施術後、短時間で視力回復する
  • 施術時間が約20分で終了する
  • 施術中や術後の痛みが少ない
  • 眼への負担が少ない
  • 最新機器や技術向上により、安全・安心な治療法

治療の方法は、まず角膜の実質層を出すためにマイクロケラトームというカンナのような精密機器で 角膜の表面を薄く円形にスライスし、フラップ(ふた)を作りめくります。

 

その実質層にエキシマレーザーを照射し、光の屈折率を変えることで視力を回復させます。 その後フラップを元に戻し自然に接着するまで待ちます。

 

手術時間はおおよそ20分です。

 

今まで面倒でわずらわしかったコンタクトや眼鏡から解放されるだけでなく、 女性においてはファッションに有利!と言う方も多いですよね。

 

レーシックの実績は

日本のレーシック施術数は年々伸びています。 レーシックの先進国アメリカでは、年間約130万件以上のレーシックが行われており、ごく一般的な治療と言えます。

関連ページ

最新は リレックス スマイル
リレックス スマイルがレーシック手術の最新手法です。角膜をカットする量が1/10なので、副作用のリスクが少ないです。まだリレックスが受けられるクリニックは少ないですが、SBC新宿がおすすめです。
手術前後の注意点
レーシック手術を安全に受けるための注意点について。レーシック手術の前に、先ず眼が手術を行える状態であるかどうかしっかり検査を行います。眼の状態によりレーシック手術を受けられないこともあります。
イントラレーシックとは?
イントラレーシックとはレーシックを超えた、より精度の高い治療を可能にした視力回復手術です。イントラレーシックにより、今まで治療が困難だった強い近視や薄い角膜の場合でも安全に手術することが可能となりました。
医療費控除できる?
レーシック手術は医療費控除の対象になることも。確定申告で医療費控除の手続きをすれば、レーシック手術費用を抑えられます。
後遺症はある?
レーシック手術の後遺症には、ハロ・グレアという眩しく見える現象やゴーストという物が2重に見える現象などがあります。
失敗したり失明しない?
レーシックで失敗しないか、目の手術ですからレーシックで失敗しないか誰でも不安に思います。しかし実際はレーシックで失敗した例はなく、実に95%以上の方が1.5以上に視力回復しています。
老眼治療モノビジョンレーシック
モノビジョンレーシックは老眼対応の手術で、片方の目は近くを、もう片方の目は遠くを見るようにするレーシック手術です。
手術に不向きな方
レーシックは受けたいと思っても受けない方が良い、不向きな方もいます。