違いは "レーザーの種類"

イントラレーシックとは通常のレーシックより精度の高い治療を可能にしたものです。開発されたのはレーシックが1990年に対し、イントラレーシックは2001年です。

 

治療の流れはレーシックと同じく角膜の表面を薄くスライスしフラップ(ふた)を作り、 それをめくった角膜の実質層にエキシマレーザーを照射するのですが、 イントラレーシックはこのフラップの作り方が異なります。

 

レーシックはマイクロケラトームというカンナのような機器で角膜の表面を削りますが、 この場合フラップ面が多少粗雑になります。
一方、イントラレーシックはレーザー(イントラレーザー)を照射してコンピュータ制御で フラップを作るため、精度の高い安定した治療を行うことができます。

 

よって、今まで治療が困難だった薄い角膜や強い近視の場合でも安全に対応することが可能となりました。

関連ページ

誤解が多い?レーシックってどんな手術?
レーシックとはレーザーを使った視力回復手術です。レーシックによりコンタクトや眼鏡から解放され、子供の頃の視力を手に入れられる喜びがあります。
最新は リレックス スマイル
リレックス スマイルがレーシック手術の最新手法です。角膜をカットする量が1/10なので、副作用のリスクが少ないです。まだリレックスが受けられるクリニックは少ないですが、SBC新宿がおすすめです。
手術前後の注意点
レーシック手術を安全に受けるための注意点について。レーシック手術の前に、先ず眼が手術を行える状態であるかどうかしっかり検査を行います。眼の状態によりレーシック手術を受けられないこともあります。
医療費控除できる?
レーシック手術は医療費控除の対象になることも。確定申告で医療費控除の手続きをすれば、レーシック手術費用を抑えられます。
後遺症はある?
レーシック手術の後遺症には、ハロ・グレアという眩しく見える現象やゴーストという物が2重に見える現象などがあります。
失敗したり失明しない?
レーシックで失敗しないか、目の手術ですからレーシックで失敗しないか誰でも不安に思います。しかし実際はレーシックで失敗した例はなく、実に95%以上の方が1.5以上に視力回復しています。
老眼治療モノビジョンレーシック
モノビジョンレーシックは老眼対応の手術で、片方の目は近くを、もう片方の目は遠くを見るようにするレーシック手術です。
手術に不向きな方
レーシックは受けたいと思っても受けない方が良い、不向きな方もいます。