これだけは知っておきたい注意点

安全なレーシック手術のために、手術前後の注意点をまとめてありますのでご参考にして下さい。

 

手術前

手術の前には先ず眼が手術を行える状態であるかどうか、正確な検査を行います。時間は眼科にもよりますがおおよそ3時間ほどかかります。

 

検査により、必要とされる角膜厚が足りないと判断された場合や、合併症がある場合は手術を受けられないこともあります。

 

レーシックに失敗事例がないのは、こうした事前検査がしっかりしているといった理由もありますね。

手術前、2つのCheck point

  1. コンタクトはおおよそ10日前から、ソフトは5日前から使用を中止します。
  2. 検査では点眼薬で瞳孔を開くためぼやけたりまぶしさを感じますので、本人が乗り物を運転しての通院は控えてください。

 

手術後

施術は両眼で20分程度です。その後15〜30分休憩をして診察を受けてからお帰りとなります。

手術後、7つのCheck point

  1. 術後すぐには視力が安定しませんので、乗り物の運転は控えてください。
  2. ほこりが眼に入らないように保護用眼鏡をかけてください。
  3. 洗顔や入浴は施術の翌日検診まで控えてください。
  4. 数日間は眼に触ったりこすったりしないようにしてください。
  5. 内服薬・目薬は処方通りご使用ください。
  6. アイメイクは10日間使用を控えてください。
  7. 激しい運動はしばらく控えてください。水泳は約2週間後からできます。

関連ページ

誤解が多い?レーシックってどんな手術?
レーシックとはレーザーを使った視力回復手術です。レーシックによりコンタクトや眼鏡から解放され、子供の頃の視力を手に入れられる喜びがあります。
最新は リレックス スマイル
リレックス スマイルがレーシック手術の最新手法です。角膜をカットする量が1/10なので、副作用のリスクが少ないです。まだリレックスが受けられるクリニックは少ないですが、SBC新宿がおすすめです。
イントラレーシックとは?
イントラレーシックとはレーシックを超えた、より精度の高い治療を可能にした視力回復手術です。イントラレーシックにより、今まで治療が困難だった強い近視や薄い角膜の場合でも安全に手術することが可能となりました。
医療費控除できる?
レーシック手術は医療費控除の対象になることも。確定申告で医療費控除の手続きをすれば、レーシック手術費用を抑えられます。
後遺症はある?
レーシック手術の後遺症には、ハロ・グレアという眩しく見える現象やゴーストという物が2重に見える現象などがあります。
失敗したり失明しない?
レーシックで失敗しないか、目の手術ですからレーシックで失敗しないか誰でも不安に思います。しかし実際はレーシックで失敗した例はなく、実に95%以上の方が1.5以上に視力回復しています。
老眼治療モノビジョンレーシック
モノビジョンレーシックは老眼対応の手術で、片方の目は近くを、もう片方の目は遠くを見るようにするレーシック手術です。
手術に不向きな方
レーシックは受けたいと思っても受けない方が良い、不向きな方もいます。