レーシックで保険を活用する方法記事一覧

レーシックとはレーザーを使った視力回復手術のことです。メガネやコンタクトが不要となるので、一流スポーツ選手や芸能人にも近年人気の手術です。一般的にはゴルフのタイガーウッズ選手がレーシックを受けた頃から認知度が飛躍した感があります。日本だけでも年間数万人の人が受け、かなり一般的にな手術になってきました。レーシック 人気の5つの理由施術後、短時間で視力回復する施術時間が約20分で終了する施術中や術後の...

レーシックと言えば、角膜を切る手術なので、それを聞いただけでゾッとする人もいます。失敗したら失明するかも・・・と誰でも心配しますからね。実際に手術を受けた人でも、「やっぱり不安だった」と答える人がほとんどです。そんな中、リレックス スマイルという最新の手術方法が話題ですよね。通常のレーシックなら28ミリ角膜を切ります。でもリレックススマイルはたったの3ミリ。その切り口から視力矯正に必要な分の角膜を...

安全なレーシック手術のために、手術前後の注意点をまとめてありますのでご参考にして下さい。手術前手術の前には先ず眼が手術を行える状態であるかどうか、正確な検査を行います。時間は眼科にもよりますがおおよそ3時間ほどかかります。検査により、必要とされる角膜厚が足りないと判断された場合や、合併症がある場合は手術を受けられないこともあります。レーシックに失敗事例がないのは、こうした事前検査がしっかりしている...

イントラレーシックとは通常のレーシックより精度の高い治療を可能にしたものです。開発されたのはレーシックが1990年に対し、イントラレーシックは2001年です。治療の流れはレーシックと同じく角膜の表面を薄くスライスしフラップ(ふた)を作り、 それをめくった角膜の実質層にエキシマレーザーを照射するのですが、 イントラレーシックはこのフラップの作り方が異なります。レーシックはマイクロケラトームというカン...

レーシックは生命保険の対象生命保険の対象だけでなく、医療費控除の対象にもなります。毎年2月〜3月にかけて行う確定申告、サラリーマンの場合は12月に年末調整があるので確定申告は原則不要ですが、 申告により還付を受けることができる「還付申請」があります。その中の一つが「医療費控除」ですね。レーシック手術で視力回復した場合もこの医療費控除の対象です。医療費控除とはまずは医療費控除について。これは、本人及...

まず、レーシック手術に後遺症は「全くない」とは言い切れません。レーシックは視力回復することで眼鏡やコンタクト費用が節約できたり、何より裸眼で生活できるという大きなメリットがあります。その一方で一般の手術と同様に、失敗、術後の後遺症や合併症のリスクがあるのは確かです。ただ、事前検査で問題がなく症例の多いクリニックで手術を受ければそれほど後遺症の心配は不要ですが、 レーシックを受ける前に考えられるトラ...

レーシックで心配なのが、『失敗しないの?』という事です。やはり目の手術ですから、不安に思うのは当然です。しかし、スポーツ選手や芸能人もレーシックを受けていることもあり、安全性は高い手術です。 もし、失敗や失明が続くようであれば日本国内だけでなく世界でレーシック手術が認められない事態になっているはずですよね。年々、手術のレベルも上がり、今は角膜を切る範囲が従来に比べて80%も少ない、最新のリレックス...

40歳を超えてくると、突然起こるのが老眼。自分には関係ない、まだまだ若い!と思っていても、目の前の文字がかすんで見え、知らず知らずのうちに文字を遠ざけて見てしまいますよね。レーシックでは近視・遠視だけでなく、もちろん老眼も治療できます。最近ではモノビジョンレーシックという方法があります。モノビジョンレーシックとは、片方の目は近くを、もう片方の目は遠くを見るようにして両目のバランスを取るレーシック手...

レーシック手術は受けたいと思っても手術自体に不向きな方もいますし、制限により受けられない方がいます。例えば、このような感じです。20歳未満である度数に対して角膜が薄い方妊娠している、または授乳中の方白内障、緑内障、網膜剥離、結膜炎など、目の疾患がある糖尿病、肝炎など、何らかの疾患のある方※上記の方でも適用検査で問題がなければ大丈夫です。逆に、レーシック手術に向いているのはこのような方です。メガネや...